リテールバンクと預金商品

リテール・ベストバンクを目指す千葉銀行

女性の活躍推進に積極的な千葉銀行

千葉銀行は、女性の活用に積極的に取組んでいる会社です。高い意欲や能力を持つ女性職員が働きやすく、また働き続けられるように様々な応援体制をとっています。現在では女性の管理職登用にも積極的で、複数の女性部長や支店長が誕生しています。平成17年には「女性いきいきキャリアアップ宣言」を行い、女性の活躍の場を広げると同時に、男女がともに切磋琢磨し合い成長できる職場づくりに取組んできました。「女性の能力開発とキャリア形成の支援」や「ワークライフバランスの推進」を課題として取上げています。

「ワーク・ライフバランス」とは、仕事と個人生活のバランスを図るための取組みです。特に出産や育児・介護など人生でも重要な出来事に際しては、男性も一緒に協力できるよう、仕事との両立支援のための様々な制度を策定しています。

千葉銀行では、このような取組みをさらに拡大し、ダイバーシティの推進を経営戦略のひとつとして位置づけています。「ダイバーシティで強くしなやかに〜価値観の多様化で新たな発想を生み出そう〜」をスローガンとして、平成26年3月「ダイバーシティ行動宣言」を行い「人材の育成」や「働く環境の整備」「ワーク・ライフバランスの推進」などに取組んでいます。この年には、男性リーダーによる女性の活躍推進に積極的に取り組む「行動宣言」も公表されました。この会には千葉銀行の頭取もメンバーとして参加しています。

ダイバーシティ(diversity)とは、直訳すれば「多様性」といった意味です。市場の多様化に対応するため、人種や性別・宗教などに捉われないで多様な人材を生かし、能力を発揮させることで企業にもメリットになるという考え方です。現在では、少子高齢化による労働力の減少に対応するためにも、多くの企業がダイバーシティの推進に取組んでいます。

千葉銀行では仕事と家庭の両立支援のために、独自の取組みをしています。そして、出産予定の配偶者がいたり、育児・介護を抱えた職員には、職場全体で応援する体制を作っています。

Design By 9ineBB