リテールバンクと預金商品

お得な定期預金は?

オリックス銀行の特徴、定期預金の内容は?

篠原涼子が宣伝している低利息のカードローンで、有名なオリックス銀行ですが、実は定期預金も扱っております。オリックス銀行の特徴は、実店舗を持たず、インターネットバンクのみで完結する点です。

また、キャッシュカードを発行しておらず、口座開設後の最初の預入についても、オリックス銀行の本店にネットバンク、他行ATMから入金するというスタイルを取っています。(ATM手数料、振込手数料は自己負担となります。)その後の取引についても、インターネットバンクでの取引となっており、普通預金を主体としたメインバンクにするには、少し不便かもしれません。

しかし、定期預金の金利水準は、常時高めに設定されており、支店を持たないインターネット専用銀行の中では、一番高い金利として、口コミされていることが多いです。また、他行が実施している特別金利キャンペーンなどもあまり行っていません。言い換えれば、キャンペーン期間などにこだわらなくても、常時、インターネットバンクを通じて、高い金利に預け入れすることが可能とも言えます。尚、出金については、他行振込みをする形式で行い、月に2回までであれば、無料となっています。

定期預金の商品、金利一覧、預入期間、満期などについては、商品、サービス一覧のある公式サイトのホームページにて、最新情報を掲載しているため、随時チェックするべきでしょう。ちなみに、現在、元本保証されている定期預金の種類としては、eダイレクト金銭信託(インターネット取引専用預金)、2週間定期預金、ダイレクト預金(通販型定期預金)の3種類とシンプルな商品構成となっています。ダイレクト預金は、電話での申し込み手続きも可能であり、預金証書を発行する代わりに、ネットバンキングのみで完結するeダイレクト預金よりも金利が低くなっています。

また、リスクを取ってでも、更に高い金利で運用したいという場合は、eダイレクト金銭信託をおすすめします。具体的には、オリックス銀行が選定した上場企業に対する貸付金として運用し、貸付期間満了後、元本、収益金の償還を行うというものです。貸付先の会社が破たんした場合は、元本割れするリスクもありますが、上場企業を選定するということで、破たんリスクはかなり軽減されております。

実は、オリックス銀行のホームページにも、実店舗を持たない代わりに、商品、サービスを充実しているとの旨が記載されています。インターネット取引に特化したり、通帳、キャッシュカードを発行しないなどの利便性に欠ける部分はありますが、その分、定期預金については高金利を実現していますし、取引についての相談もできるコールセンターも完備されているため、安心して利用できるかと思います。大手金融機関が、マイナス金利の影響により、定期預金の金利引き下げを相次いで実施している中、高金利を実現している為、リスクゼロで、確実に運用したいという希望がある人は、是非、検討してみる価値はあります。

Design By 9ineBB