リテールバンクと預金商品

リテール・ベストバンクを目指す千葉銀行

千葉銀行の社会貢献活動

千葉銀行は「地域社会とともに生きる」を企業理念として、社会貢献活動に力をいれています。「ちばぎん未来を育む宣言」をスローガンに、「ひと」「環境」「産業」をテーマとして、それぞれの未来を育むための様々な活動に取組んでいます。

「ひとの未来を育む」活動としては、金融経済教育の普及や、社会福祉・文化芸術活動の支援に取組んでいます。全国高校生金融経済クイズ選手権「エコノミクス甲子園」千葉大会を開催したり、地域の小、中、高校生を対象にした職場体験の受入れ、地域の学校への金融教育のための出張授業も行っています。またホームページでも子供向け動画「こどもちばぎん塾」で、お金や銀行のことを楽しく学ぶことができます。

社会福祉活動を資金面から支援するために「ちばぎんハートフル福祉基金」を作り、助成金を交付しています。また、寄席やコンサートを開催したり、平成7年からはジェフユナイテッド市原・千葉と柏レイソルが対戦するプレシーズンマッチ「ちばぎんカップ」を開催して、千葉銀行が冠スポンサーとなっています。

「環境の未来を育む」活動としては、地域の環境保全活動に取組んでいます。太陽光発電の導入や屋上緑化で環境に配慮した店舗づくりを行っています。ノーネクタイやひざ掛けを利用するなど、クールビズ・ウォームビズを実施して節電をしています。

「産業の未来を育む」活動としては、千葉県の産業の発展や地域経済の活性化に積極的に取組んでいます。ビジネスマッチングやベンチャー企業の育成・支援を行い、専用ローンやセミナーの開催などを実施しています。また産官学連携の取り組みとして県内の大学生と県内の中小企業との面談会を開催しています。

また千葉銀行ではお客様満足度の向上に向けて、営業店舗のバリアフリー化や介助用車いすを設置するなどの取組みとともに、職員のスキル向上にも力を入れています。高齢の方や体の不自由な方に配慮ある対応ができるように、サービス介助の技術資格を取得した「サービス介助士」及び「認知症サポーター」を育成しています。

Design By 9ineBB